_Manager Technical Industrial Engineer w

スマート産業・シティー、安全快適         

 

製造業のスマート化、環境監視、物流新時代、スマートシティー 

 

 産業(Industry)系現場におけるスマートな工程運用管理が引き続き注目されています。いわゆるIoT的センシングによるデータ把握・解析が新たな段階に入っています。益々重要さを増す各種の予知的な故障把握ほかの製造効率管理が代表的です。人工知能(AI)も駆使した金属や化学領域も含む材料分析・組成解析、生産プロセス管理、需要予測、プラント管理、画像解析技術による品質管理、ICタグ・RFID等を駆使した在庫管理、設計・組立・試験まで生産システムを一気通貫する工程管理(MES)等、設備の稼働率を維持しながら多品種少量生産を目指します。CAE (コンピュータ活用の製品設計、製造や工程設計の事前検討ツール)、その延長線のシミュレーション・モデリング領域にも、最近はAI技術との融合が盛んです。

 IoTとの親和性という意味では、監視・モニタリング、モデリング対象を各種の社会インフラ、快適住環境さらに自然環境等に置き換えれば、そのまま次世代移動体、効率物流・最適化、自動倉庫の"サプライチェーン新時代"対応、環境監視、さらには農業・食料生産の生産性向上に直結します。

 これらは言うまでもなく、産業セクターでいう建設・不動産・倉庫・食品農業といった領域の分野横断的な展開領域にもなっています。特に”スマートシティー”の中核をなす建設・不動産開発領域では、より広域でみた物件価値の向上という本丸に関わるテクノロジーでありコンセプト群であり、グローバル競争の核になってきました。そして、そのような産業・社会インフラメンテナンスにおける各種収集データの性格面では、リアルタイムデータ系に加え、間断ある点検診断データの管理・モニタリング、そこから現場に返す知見獲得に向けた解析、そのためのプラットフォーム形成は益々重要性を増しています。

   そのスマートシティーでは、都市計画向けシミュレーション・モデリング、AR/VR領域も中核になります。さらに、5G、再生エネルギー・脱炭素対応は勿論、被災時迅速対応インフラ、その医療情報システム版、施設向けIoTソリューション、自動運転向け周辺インフラほか、ますます業際領域の展開の広がりが見えてきます。それも、実証実験段階を過ぎた実ビジネス段階です。

金属材料、高分子材料等の物性評価、組成分析・構造解析向けAI

CAE (Computer Aided Engineering)

研究開発、製造工程・品質管理での計測技術・機器、画像解析技術

製品開発シミュレーション、モデリング ほか

常時データ収集向けセンシング技術・システム

SCADA、PLC等の産業工程監視・制御システム

構造化、非構造化データ解析AI、デジタルツイン

​データ処理能力を高めた監視カメラシステム

現場のデータ把握解析による予知的対応、製造効率管理

MES (Manufacturing Execution System製造実行システム)

​発電、送配電インフラ、システムの予知的管理 ほか

ビルメンテナンス、施設価値の維持・向上作業の自動化

住宅・建設物そのもの、それら相互での付加価値向上

建設、開発工事の効率化、遠隔制御

スマート・ファシリティー管理

スマートシティー形成 

都市計画、モデリング、AR/VR ほか

効率物流、自動倉庫・ピッキングシステム

​物流センターマネジメント、データベース化・見える化

グローバルなサプライチェーン、制御、最適化、自動化

​新次元のEC(ネット取引)、海外物流拠点形成 ほか

環境監視センシング

農作物生産現場での各種データセンシング

施設向けIoTソリューション

自動運転向け周辺IoTインフラ ほか

防減災、災害時の迅速対応

 

   特に日本は毎年の災害が絶えず、しかも多発傾向にあります。例えば、緊急性が高まったタイミングで、住民個々がどこにいて、どの程度のリスクにさらされているか、より早めに、個別に、より直接的に把握し、警告して、避難等の対応を促し、助力する。事前のシミュレーションに加えて、訓練、相互の想定サポート態勢の完備など、人による直接対応との融合も欠かせません。

 環境モニタリング・センシングは勿論、緊急通報インフラ、救急医療体制、衛生面ほか機器ハードウェア、IT基盤、サービスに亘って、IoT的な対応、AI動員の可能性は無限にありましょう。

​⇒防災・減災IoT

 

 
© SBF Consulting.  All Rights Reserved.