IoT プラットフォーム

 

 

データセンシング、データ処理デバイス、AIロボティクス

   IoTシステムが益々幅と深みを持ってきました。健康管理・予防医療、予後管理、高齢者見守りなど、医療ウェルネスを通した生体情報の収集管理の技術サービスが進んでいます。ロボティクスを含む各種機器による製造工程、産業社会インフラ施設、環境、災害時向けの常時モニタリングには、最近は特にAI搭載のセンシング技術が要になってきました。 

・センサー、画像センシングカメラ

ドローン

・M&Mコミュニケーション

・エッジインフラ

・エッジコンピューティング

・5G、セクター向けソリューション

・AI搭載ロボット、オートメーション

VR & AR

・IIoT(Industrial IoT)

・IoTプラットフォーム基盤 ほか 

IoTプラットフォーム、5G対応

 これらの積み上がった各種モバイル、そして計測機器系ほかのデータは、今後、クラウド型の進行と相まって、益々生活そして産業社会を緻密に支えて行きます。そして、収集されたデータを、より実生活や産業現場向けの解析・分析、常時モニタリングにつなげていく要がIoTプラットフォームです。

 5G通信やネットワーク系の所謂ICTインフラから、データストレージ、高速データ処理・汎用解析基盤、セキュリティーなどのコア汎用ソフトウェア、各種の現場ユース向けの業務アプリケーションで構成されます。オープン化戦略、サービス化と相まった「製品の高度化」にもつながります。

IoTが意味するもの

産業オートメーションシステム

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.