マンスリーコンパクト (月次パッケージ)    

                                                                                                   SBFレター申し込み

大手・中堅企業向け (Established Companies)

(経営人事研修、製品サービス開発、新規事業企画、戦略投資、コンサルティング部門、国際部門等)

  

         

 コンパクトサポート

         御社の選定事業テーマに即して、以下の月次継続ご報告、作業を行います。         

                          

     1. 製品サービスDX化向け取り組みテーマの継続的割り出し

         まずは、自社ポジションの確認から・・ 

              手始めに、検討対象にある製品サービスについて、現状そして目指している姿が、DX

          視点(「取り組みテーマ領域」項目でみて)でみて、どんな項目・位置取りにあるか、なり

          うるかの確認を行います。当方からも、項目並びの考え方等をご案内します。その結果を

          踏まえて、上記項目群から選択します。

          具体的テーマの割り出し

       御社と業種・業態の近い世界の代表的企業、一部新興系企業等の実展開事例、さらに一

          部業界トレンド情報なども踏まえて、製品サービスDX化として御社に相応しい具体的取

          り組み切り口を、プロダクツ領域とに、月次で割り出し報告して行きます。

             「御社に相応しい」とは、御社の開発計画に沿い、かつプロダクツ展開上のシナジー

          性、それでいて他社を先取りする革新性も狙う、という意味です。そのために御社既存プ

          ロダクツからの付加価値開発、外部との連携、製品導入、企業買収可能性などに向けた

          理をして行きます。

     ここでも「取り組みテーマ領域」の中でいう縦横軸で捉えています。                

       その「具体的なDX開発テーマ」から選択した a、b、cの各細目に沿って整理。

          これを縦軸に、同じく「展開ミッション領域」を横軸にしたマトクス構成で業・報告

          して行きます。今後のプロダクツ・事携、戦略投資企業等の割出しに向け

          た基礎情報にもなります。細目群に表記のないテーマ領域でも柔軟に対応します。 

 

     例えばこうなります。「具体的なDX開発テーマ」からのご選択項目が「機器システム

          のスマート化」で、「展開ミッション領域」からは同じく「スマート製造」と「医療・介

          護」とします。その場合、御社向けのプロダクツDX化テーマ洗い出し作業・報告領域

          は、下表の★部分です。そして実作業に入る前に、どのような観点でのスマート化(データ

          解析・AI化機能付加)なのか、そこに向けた周辺インフラ、ツール系はどうか、「スマート

          製造」等側も想定されているシーンを可能な範囲でお聴きして、的をまずは鮮明にさせま

          す。この初期的なやり取りの結果、「具体的なDX開発テーマ」側の項目を変えたり、加

          えたりも起きましょう。兎も角、最終的に、御社側である程度イメージされている展開モ

          デル、具体的な切り口発想をインスパイヤーさせるのが狙いです。

                                                         スマート製造    社会インフラ    医療・介護・・・    

          部材・単体機器のネット接続

          機器システムのスマート化      ★                 ★

          現場業務の監視・制御・最適化

          ICT基盤へのスマート   

          .........................................

   

          なお、もっと詳しい掘り下げ作業であるセットバリューイノベーションドライバーズ

         では、ここでの「具体的なDX開発テーマ」切り口候補が、数十、それ以上に及んできま

         す。IDインデクス項目リストそのものです。

     2. 内外パートナー候補企業の継続探索                                       

              同じく御社の選定項目領域内容に即して、上記で見えてきたテーマ取り組みに資する

           新興系企業(emerging companies)や大学知財等を継続に選定・絞り込んで定期でご報

           告します。選定理由、連携シナジー形成ポイントの説明も付けます。

              そこでの対象先も、同様に、御社の開発計画に沿い、かつプロダクツ展開上のシナジー

           性、それでいて他社を先取りする革新性も狙う先です。今後のやり取り次第で実連携、

           投資に至る可能性を秘めていることは勿論、その前に、自社の今後の先進領域での展開モ

           デルの最大の提供元になります。その意味でプロアクティブな展開向けパートナーです

              前述したマトリクス構成での作業・報告はここでも同様です。つまり、この継続情報

           は、1の事例情報とリンクさせて、御社の潜在的エコシステム形成向けのデータベース

           にもなって行きます。     

               

 お申込み、料金

     上記2つの課題領域から選択頂いて、月次パッケージとしてご提供します。

     お申し込み時に、より御社にフィットした情報ご提供、作業報告にするために、前記の

     「取り組みテーマ領域」(以下、テーマ領域)から項目を選択頂きます。

      3か月ごとの更新・内容見直し型契約。

   その都度、テーマ領域項目と上記2つ課題の見直し対応。

     料金:1つの課題領域ごとに月20-30万円(選択課題の細目数に応じて)。

              2つ課題通して月次でこなす場合は、その2倍です。(税別)        

     手続き:コンパクトサポートということで、基本的に「発注書」等簡略手続きで結構です。                     開始時点に、3か月分の作業内容・日程を固め、ご確認頂いた上でスタートします。

                 テーマ領域項目選定、上記2つの各課題内容等でご不明な点、説明致します。

                 「こんな情報はどうか」というご相談にも応じます。

​      

    ご連絡先

    その他、ご不明な点にお答えします。 

  下記より、メッセージ欄に「月次パッケージの件」と記入頂いて、

    お気軽にご連絡ください。                     

    

    ⇒お問い合わせ

 大手・中堅企業向けの発展作業

  さらに、個別テーマに深堀する、テーマを広げる際は、以下のような内容になります。

   上記の月次サポートはそのエッセンス作業です。

 ・国際展開も視野に、製品サービスの競争力形成を体系的に図る

 ・そのために、外部のパートナー候補企業の継続的な探索力を高める    

   ・自社の事業展開に引き付けた国内外企業への戦略投資(CVC/M&A等)を図る

 ・投資後のシナジーモデル形成、持続的関係維持、拡充を図る 

 ・社内技術の流動化(外部発信・移転)、社内起業・事業化を推し進める 

 ・事業ポートフォリオで短期的、中長期的な成長モデルを具体的に描く など

​  イノベーションドライバーズ

 
© SBF Consulting.  All Rights Reserved.