マンスリーコンパクト (月次パッケージ)  

                                                                                                                   SBFレター申し込み 

新興・ハイテク企業、大学発ベンチャー向け

 (Emerging Companies)

(製品サービス開発、技術営業・コンサルティング部門、戦略提携、国際部門等)

      

 

 

 コンパクトサポート

         御社の選定事業テーマに即して、以下の月次継続ご報告、作業報告を行います。

​ 大手・中堅企業向け同様、別掲の「取り組みテーマ領域」の中でいう縦横軸で捉えています。

                                        

     1. 製品サービスDX化向け取り組みテーマの継続的割り出

           まずは、自社ポジションの確認から・・ 

              御社主力製品サービスについて、現状そして目指している姿が、DX視点でみて、どん

           な項目・位置取りにあるか、なりうるかの確認を行います。御社主力製品サービスについ

           て、現状そして目指している姿が、DX視点でみて、どんな項目・位置取りにあるか、な

           りうるかの確認を行います。大手系メーカー企業などと比べれば、<IT製品サービス・事

           業ポジション>が企業の在り様全体という場合は多いでしょう。そこも含めて、取り組み

           テーマ領域項目から選択します。当方からも、項目並びの考え方等をご案内します。

          具体的テーマの割り出し

       御社と種・業態の近い世界の代表的企業、他の勃興中新興系企業等の展開、さらに一

          部業界トレンド情報なども踏まえて、更なる製品サービスDX化として御社に相応しい具

          体的取り組み切り口を、プロダクツ領域ごとに月次で割り出し報告して行きます。

             例えば、AIも駆使したプラットフォーム型モデル展開などは法人向け、その前に個人向

          け(PtoP・コンシュマー市場向け)の成長は著しく、競合分析の一環として、御社の現状展

          開との共通点、そして違いを系統立てて整理する。今後、御社製品サービスの輝きを増す

          ための具体的取り組みテーマの割りしを続的に行います。

     一般的に、大手企業との合従連衡事例はポイントです。どんな点が大手を引き付け、如

    何なるモデルでシナジー形成しているかです。 

       大手・中堅企業向けと同様、取り組みテーマ領域」中の「具体的なDX開発テーマ」

          から選択頂いたa、b、cの各細目を縦軸にし、「展開ミッシ領域」軸にしたマト

          リクス構成で作業・報告して行きます。             

     2. プロダクツ提案候補企業の割出し、提案シナリオ作り                                       

              同じく御社の選定項目領域内容に即して、御社の製品サービスや技術等の持ち込み、提

           案候補先企業群、企業像を継続的に選定・絞り込んで定期でご報告します。それら企業の

           どの部分に如何なる提案が出来るかなどのポイント説明も付けます。

              相手先割り出しのポイントは、①テーマセクター(「展開ミッション領域」)を共有でき

           ている、ないしその用意がこちらにあること、②製品サービスポジションの親和性、つま

           り、精緻に相手大手系企業のデジタル視点での価値積み上げ(つまりDX化)ニーズを埋め

           られるポジションにこちらがあることです。その見極め、事前準備が極めて重要です。

          「具体的なDX開発テーマ」項目群が関わってきます。

              前述したマトリクス構成での作業・報告はここでも同様です。この相手先候補企業群、

           企業像の継続情報は、1の事例情報とリンクさせて、具体的で即効性のある提案営業、事

           業プロモーション、資本関係構築も視野に入れた戦略連携を加速させます。  

 お申込み、料金

     上記の2つの課題領域から選択頂いて、月次パッケージとしてご提供します。

     お申し込み時に、より御社にフィットした情報ご提供、作業報告にするために、前記の

     「取り組みテーマ領域」(以下、テーマ領域)から項目を選択頂きます。

      3か月ごとの更新・内容見直し型契約。

   その都度、テーマ領域項目と上記2つ課題の見直し対応。

     料金:1つの課題領域ごとに月20-30万円(選択課題の細目数に応じて)。

              2つ課題通して月次でこなす場合は、その2倍です。(税別)        

     手続き:コンパクトサポートということで、基本的に「発注書」等簡略手続きで結構です。                     開始時点に、3か月分の作業内容・日程を固め、ご確認頂いた上でスタートします。

       テーマ領域項目選定、上記2つの各課題内容等でご不明な点、説明致します。

                 「こんな情報はどうか」というご相談にも応じます。

   ご連絡先

      その他、ご不明な点にお答えします。    

    下記より、メッセージ欄に「月次パッケージの件」と記入頂いて、

      お気軽にご連絡ください。                     

    

      ⇒お問い合わせ

 新興系企業向けの発展作業

  さらに、個別テーマに深堀する、テーマを広げる際は、以下のような内容になります。

   上記の月次サポートはそのエッセンス作業です。

   ・今ある技術、事業内容が最も適合する大手・中堅企業を割り出して展開する

 ・特定企業の製品サービス(今後余地含め)向けのプロダクツ提案力を強化する

   ・大手企業も引き付け、国際展開にも通用するDX型製品サービスモデルにもっていく  

 ・国内外向けの事業プロモーション力、特にネットマーケティング力を高める

 ・事業ポートフォリオで短期的、中長期的な成長モデルを具体的に描く

 ・株式公開なども含む資金調達・導入モデルを検討し、実施する  など

   

​   イノベーションドライバーズ

 
© SBF Consulting.  All Rights Reserved.