SBF Consulting 
Data IT Business Innovation  
                ホーム   会社概要   事業サポート   キーワード   月次パッケージ   セットバリュー   先進ソリューション

ごあいさつ​                             
                                  
 いわゆるイノベーションの意味は、 元々そうであるように、益々広がりを帯びています。先端的な技術開発から、製品開発、生産、さらにサービス提供面と、事業展開全体を通した先進性・革新性が求められています。いわゆる従来の業種分類の境目も垣根が低くなり、どんな研究・技術・事業センスで、何をめざしているかが問われています。その結果、取り組むべきテーマ達成にも、単体企業・グループの枠を超え、さらには、国境を超えた多面性の受け入れと追及、真の意味でのスピード感覚が益々要になってきました。​
 

 それは、日頃の健康医療、環境エネルギー、金融、食糧ほか、先進国、途上国を巻き込む社会共通の課題に立ち向かう場合はなおさら不可欠になります。この場合、ソフトウェアとハードウェア、ITとエレクトロニクス、そして、これらとライフサイエンス等との融合でもあります。この融合領域・トレンド自身が最重要かつ最大の成長分野にもなりつつあります。ミッション、研究開発課題、そしてビジネス機会がそこにあります。​

 

 最適・最強の事業推進フォーメーション構築に向けた、国境も超えた企業等間の合従連衡の動きもいよいよ加速してきました。そして、IT的な視点で見れば、この融合の原動力は、諸々の局面で取り交わされるデータ、情報そして知見です。その意味で我々は、一つの基本的なアプローチとして、まず、このデータ等の流れに沿った事業モデルを解明します。それは付加価値の流れでもあります。そこには、単体の機器装置、ITインフラ・ソフトウェア、そして人による実サービスが含まれてきます。ここでは、「データ」は顧客価値を体現するものとも言えましょう。​

 

 SBFは、ITビジネス専門コンサルティング会社です。1999年 米国シリコンバレーでスタート。現在は東京との二軸体制です。企業におけて展開される製品サービスの競争力形成に向けたオープン展開サポートを得意とします。いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)化向けの製品サービス開発・連携テーマ固め、CVCやM&Aなど投資先候補探索・絞り込み、関係作りなどの実務作業です。データ解析、ソリューション提供、プラットフォーム各々の人工知能(AI)型展開はますます要です。

 ここでいうDXは、企業の成長発展に向けた、製品サービス・事業のデジタル視点での顧客価値積み上げ型展開、高度化戦略を指します。顧客・市場向けの価値形成を先取りするプロアクティブな開発アプローチです。それは、素材・機器装置、ITソフトウェア、各種サービス提供に亘って、大きく顧客視点に立ったソリューション提供連鎖モデルの追及でもあります。

   我々チームの主なカバーテーマ領域は、データ処理・AI領域中心のソフトウェアIT、IoTセンシングに象徴されるハードウェアIT、さらにこれらが融合して実展開されていく各論領域から、製造工程・プラント管理等中心の産業系分野や、医療・製薬等のライフサイエンス領域などです。世界のリーディング企業や関連新興企業の最新展開情報も取り込みながら、IT切り口での技術製品・サービス開発製品・ソリューションの高度化を図る、それを国内外で実展開推進する・・・これらに向けた企画立案的な段階から、本領は各種の実施段階です。 

 

 この度、まずは大手企業の製品サービスの競争力形成のための諸展開をサポートするフレームワーク的な位置付けでイノベーションドライバーズ(ID)というサポートセットにまとめました。特色は、この数年で自社で整備したID(DX化)インデクスという、製品サービスの顧客価値形成具合を可視化するツールを使う点です。さらにこのインデクスには、自社そして相手企業双方の製品サービス(つまり事業展開)相互間のシナジー形成シナリオを割り出す働きがあります。その点で、新興企業向けにもうまく機能することも分かってきました。そんなインデクスを駆使したIDが、具体的な働き手として、大手・中堅企業、そして新興企業群双方のどんな取り組みテーマに代表的に資するかを書き出したのが下記です。

     

 大手・中堅企業向け  For Established Companies   

 ・国際展開も視野に、製品サービスの競争力形成を図る (プロダクツのDX化) 

   ・そのために国内外企業への投資も図り連携関係を強固にする (CVC, M&A)​ 

 ・新機軸を打ち立てる方法論を練り、推進体制を固める (コーポレートベンチャリング)​ 

 ・事業ポートフォリオで短期的、中長期的な成長モデルを描く など 

 

 新興企業向け  For Emerging Companies 

 ・今ある技術、事業内容が最もマッチする大手・中堅企業を割り出して展開する

  ・大手企業も引き付ける製品サービス・事業展開をさらに図る​  

  ・製品サービスをさらに国際展開に通用するDX型モデルにもっていく 

 ・株式公開なども含む資金調達・導入モデルを検討し、実施する など

 社会・経済情勢の変遷、他方でのモノ・サービスへの需要の変遷はめまぐるしいものがあります。企業レベルでも、技術製品サービスの開発面、そして事業全体の企画面で一所に留まることを許しません。我々SBFは、IoT・データ解析AI力に基つく真のDX化、いやID化を通した製品事業の足元そして中長期的な競争力形成を支援します。発想を豊かにし、問題意識と使命感、グローバル視点に立った拡張性をもって、社会をより良くしリードして行くテーマに、共に取り組みます。   

                                                                                                                                                          SBF Consulting                                                                                                         代表 氏家 豊                               

 

 
© SBF Consulting.  All Rights Reserved.