ブログ:Update イノベーション・ドライバーズ   

競争力形成DXに向けた現状整理   2022.6.29                   氏家 豊                                                                                                     

  一般的に、広くサービス提供業種(例えば          )の場合は、「社内業務の効率アップ、生産性向上」が競争力の源泉であることは勿論です。そこでは、「顧客向けの製品サービスDX化」との境目はかなり低くなります。つまり、両者を分けて取り組むことへのモチベーションが弱くなります。先に挙げたアンケート調査で、日本で「顧客向けの製品サービスDX化」意識は弱いように出ていたのは、ヒアリング先がそのようなサービス業者、そしてまた企業全体としては製造メーカーではあるが、製品の実質的な設計開発、製造事態も系列の専門会社に委ねて、自社(本体)はプロダクツ設計や営業推進に実質的に特化している場合が主流になってきている背景もありそうです。象徴的な現象が、メーカーさん自体が、自社製品を「製品」と言わないで「商品」という。ものつくりから専門サービス提供への移行を意図する流れでもありましょうか。

 それに対して、このブログで述べてきているDX化の対象業態は、何某かのハードウェア(もの)の提供を加味して、それにIT技術・知見を加えて(つまりデジタル化処理)付加価値形成していくシーンです。かつ、製品設計、開発、製造、その過程でのITや専門サービス提供という流れを一貫して提供する、少なくとも一体として捉えるシーンを想定しています。具体的には、製造メーカー、機器システムを駆使して展開するサービス、客にサービス業種でもそのような機器システムと組み合わせて提供する領域(医療や産業・社会インフラモニタリング、メンテナンスなど)を想定しています。その結果、DX化の柱として、社内業務の効率アップ、生産性向上」と並んで、そしてそれ以上に直接顧客・市場に訴える意味での「製品サービスのDX化」を主体に位置付けています。この

 SBFからの月次パッケージサポート提供に向けて、まずは御社に項目選択頂く現状のお取組みテーマ領域、項目群に関して整理します。

 <事業テーマ領域>では、「製品サービスのデジタル的付加価値形成、高度化」を基本に考えています。それ以降の項目はそのための関連展開、体制固めに当たります。次の<現状のIT製品サービス・事業ポジション>と合わせて、該当する項目を選んでもらいます。

 <製品サービス事業の顧客価値積み上げ型DX化に関わる領域>では、DX化作業に向けて、縦横マトリクス整理を想定しています。「具体的なDX開発テーマ」項目群が縦軸で、「展開ミッション領域」(テーマセクター)が横軸です。つまり、以下のような位置付けになります。

DX (デジタルトランスフォーメーション)とは、

「展開ミッション領域」課題の更なる実現に向けて顧客価値を高めていくために、デジタル化の様々なフェーズ「具体的なDX開発テーマ」で製品サービス・事業開発を推し進めること。

 具体的なDX開発テーマ: ID(DX化)インデクスから割出された、製品サービスをDX化して顧

                                    客価値を高める典型的モデル項目群。 

 展開ミッション領域: 特にオープン開発、それを世の中に訴える際の共有テーマ(こと)。

 <事業テーマ領域>                   

      〇製品サービスのデジタル的付加価値形成、高度化

  〇CVC、M&A等の戦略的な企業投資、資本提携、資金導入

  事業ポートフォリオで考えた短期、中長期成長戦略

  グローバル展開の拡充(販売、調達、現地体制つくり)

  新規事業の立ち上げ・事業化体制の強化

      イノベーティブな組織つくり、人材育成 など   

 <IT製品サービス事業ポジション> 

      〇 先進センサー・デバイス、半導体

  〇 エッジ処理インフラ

  〇 ITインフラ、IoTプラットフォーム基盤、5G 

  〇 データ管理、データ前処理

  〇 データ解析・AI処理汎用ソフトウェア

      〇 製品設計・デザイン (モデリング、シミュレーション、3Dメタバース)

  〇 各種業務アプリソフトウェア  

  〇 汎用ソリューション(状態監視・制御・最適化・自動化・予知的対応)

      〇 業務効率化アプリサービス

  〇 ITほか受託専門サービス、コンサルティング など 

<製品サービス事業の顧客価値積み上げ型DX化に関わる領域>

                              

 DX型の製品サービス事業企画展開テーマ・・・縦軸  

 製品サービスをDX化して顧客価値を高める典型的モデル項目。

 各細目で、現状製品サービスの高度化開発と、完成プロダクツ・企業の取り込みの両面あり。

      

     a. 今ある製品サービスをDX的に改良する

      部材・単体機器のネット接続・デジタル化

    機器システムへのデータ処理・解析機能付加 (スマート化)

      現場業務の監視・制御・最適化

    ICT基盤へのデータ処理・解析機能付加 (スマート化) など

    b. 本格的なDX化を進める、取り入れる

      スマート機器のAI化、ソリューション機器化 (現場課題解決型化)

      〇BI的、ビッグデータ処理的データ処理・解析のAI化

      〇次世代型シミュレーション・モデリング化、仮想・拡張現実 (AR、VR、XR)

    現場業務の自動化、予知的対応化

      サービス提供のソリューションサービス化、自動化、RPA化     

      スマートICT基盤のAI化、ソリューション提供化

    IoTプラットフォーム形成 など  

           

  c. DX視点で事業の成長発展力を高める 

      好成長・発展体質のDX型製品サービスライン、事業構成つくり  

      成熟市場からの業態シフト、フロンティア分野進出 

  〇異次元のイノベーション領域探索 など 

 展開ミッション領域・・・横軸  

      〇スマート製造・産業

      〇社会インフラ安全安心

      〇医療・介護、健康管理

      ライフサイエンス

      スマートシティー

      快適住空間、スマートオフィス

      脱炭素・再生エネルギー など

 

                                                                                                                                                           お問い合わせ

​                                                           

 
© SBF Consulting.  All Rights Reserved.