金融取引IT・フィンテック、国際取引管理

 

国際的な投資銀行業務 、グローバル貿易取引管理

 IT化グローバル化が進む社会での金融資本市場取引、さらに実貿易の円滑執行・管理面です。つまり、投資銀行業務の広がり、特にグローバル投資、情報分析・BI、ポートフォリオ管理などのナレッジ・データ交信や超高速取引(HFT)、自動取引対応インフラの更なる充実、さらにTPPに象徴される国際取引の新たな拡大に伴う円滑決済、ブロック・チェーン(分散型データベース、直接取引インフラ)の動き、データセキュリティー確保、不正防止などに伴う、大量データの高速処理、関連アプリケーションの充実などです。

 

グローバル投資、情報分析・BI、ポートフォリオ管理ツール

 

超高速取引(HFT) 、自動取引対応インフラ

 

・国際的取引の円滑執行・管理、ブロック・チェーン(分散型データベース)

 

・マネーロンダリング取引監視

 

 

個人投資家向けITインフラ、アドバイザー機能

 現在、先進ITインフラ、特にカード・携帯機器等でのモバイル取引、そのセキュリティー、さらには自動取引に代表されるシステム売買比率が益々拡大し、そのような市場実態への対応、そして先取りが欠かせません。そのための個人投資家向けにおける情報提供インフラ、医療保険や年金など高齢化社会を支える金融インフラも改めて求められます。この分野におけるアドバイザー機能の強化もまた差別化の決め手になります。

 

携帯機器等でのモバイル取引、そのセキュリティー

 

個人投資家向けの情報提供インフラ充実

 

医療保険、年金ほか、高齢化社会の金融取引対応

 

金融IT取引アドバーザー機能

 

 

 

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.