データITソリューション・サービス

 

 以下のデータ処理に絡むITソリューションについては、SBFから具体的なプロダクツやサービスのご提案も致します。

データ処理・IoTプラットフォーム / エッジ処理AI

AI (人工知能)、エッジ処理、VR/AR

 益々錯綜するビジネスデータを如何にしたら事業に意味ある情報に仕立て活用するか、特にAIの取り組みは、最近になって、コンピュータ側のデータ処理キャパの急拡大、そして機械学習(Machine Learning)、深層学習(Deep Learning)の活用手法の充実普及で新しい段階に入っています。より現場周辺(エッジ)で機動的・柔軟にAI的データ処理です。また、産業向けの各種シミュレーション、その延長線上でのAR/VR領域も具体的なツールなどのターゲット探索です。

クラウド型の先進監視カメラ 

 IoT展開を支えるセンサー・ネットワーク、プラットフォームモデルを具現化したプロダクツとして、国内の代表的な先進型クラウド防犯監視カメラをご紹介します。「現場巡回コストの削減」や「販促効果の見える化」、「スタッフの接遇改善」を実現します。クラウド録画サービスを主体に、AIとも組み合わせて、「あらゆる技術や、人、モノが繋がる映像プラットフォーム」を目指しています。 

製造プラントのスマート化 / 健康疾病モニタリング

製造工程スマート化、プラントの予知的モニタリング

 製造やプラント現場のスマート化対応です。例えば、製造各工程で発生する常時モニタリングデータによる最適化と予知的(Predictive)対応という流れ、監視カメラによる工場現場の安全や作業効率アップ、製造ラインでの品質管理等です。各種プラントにおける安全効率運用と予知的な保守・メンテナンスも同様です。そこでは、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術も実用化されてきました。

健康・疾病モニタリング

 日常における健康管理、慢性病・成人病への予防的モニタリング、循環器系や消化器系などの特定疾患モニタリング、高齢者見守り、そして、企業内での従業員向け健康サポートへのニーズも高まっています。従業員、雇用主、保険業者そして医療従事者によるプラットフォーム形成にもつながります。ここでも、データ収集管理、そして一部、AI的な手法も有効性を増してきました。

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.