イノベーション・ドライバーズ   

 

 

DX化インデクス  -プロダクツのDX化開発向け実行索引項目-     2020.10.5                                                        氏家 豊 

 

 より実践的・実用的な進捗度確認、実行のための枠組み作り用ツールとして、DX化インデクス(​実行索引項目)を作りました。これまでのコラム同様、世界の産業機器・システム系、IT分野を含む医療機器システム・サービス、ITシステム・プラットフォーマー系の各リーディング企業、中堅・新興企業の製品サービス展開事例から集計・精緻化したものです。

 ここでも、DX化について、次のような位置付けが根底にあります。「プロダクツの顧客価値を、そのデータ価値連鎖(DVC)に即して精緻化し積み上げていくことで、競争力を高めていくこと」。データ価値連鎖フェーズで言えば、機器・システム(Ⅰ)から生まれるデータをITインフラ(Ⅱ)につなぐまでは、従来からあるデジタル化であって、今回のDX (デジタル・トランスフォーメーション)化というトレンドは、そこにさらにデータ解析・AI処理等によるインテリジェント化(Ⅲ)を施して、これら全体で、最終顧客、社会の切実なニーズ(Ⅳ)に迫る、そこまでつなぐ、というのが元々の主旨です。

 その意味で本インデクスでは、社内組織改革的側面ではなく、より対外的な競争力形成を目指して、プロダクツのDX化開発向けに焦点を当てています。顧客データ価値連鎖でみたプロダクツ構成モジュール項目セットです。上記の同連鎖の基本4フェーズ(ⅠからⅣ)を組み合わせて、より実際のプロダクツ展開内容に則した精緻化した項目群です。以下は、その中核をなす4項目です。さらに、我々からの主なDX化に向けたご提案作業メニューも添えます。

 

4つの中核インデクス 

 〇データ解析・AI処理しソリューションも提供する高度化機器システム             

 〇顧客現場向けの応用データ解析・AIソフトウェア

 〇各種業務での監視・制御・最適化・自動化・予知的対応などのソリューション提供

 〇データ解析・AI処理、ソリューション提供するためのIoTプラットフォーム基盤

作業アプローチ

  上記に代表されるインデクス項目群を使って、プロダクツのDX化に向けて、以下のようなアプローチが可能です。

各々別個で、または一気通貫に展開できます。

  1. 保有プロダクツのDX化対象特定・・・好業績企業の展開内容と自社現状との差分洗い出しから

  2. DX型プロダクツのコンセプト検討、モデル整理・・・同じく好業績展開モデルにみるDVC型精査より

  3. 業態シフトのDX的展開策検討・・・成熟化領域からの製品・事業シフトを、DX視点も入れてより精緻に検討

  4. 潜在的なDX化パートナー企業洗い出し・・・展開モデル検討材料として、さらに実連携開発やM&A候補先として

  5. 実開発

  • DX化パートナー先との連携開発・・・DVCの特定フェーズの補填・補強、全く新しいDVC型企業の取り込み開発

  • DX的プラットフォーム基盤、クラウド開発・・・大手プラットフォーマーとの連携、または独自展開向けの基盤作り

​                                                   お問い合わせ

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.