持続的な企業発展・DX化、業態シフト 

 

データITによる プロダクツの高度化、DX展開策の検討

 最近のIoTトレンドに象徴される「データセンシング・収集」、「データ集積IT基盤、データ処理能の飛躍」、「AIも駆使したデータ解析の高度化」、そして「現場での実装・アプリケーション、サービスの充実」等、データ価値・顧客価値連鎖の精緻化も追求したイノベーション展開が進んでいます。特に、機械学習、人工知能AI活用の流れは、事業分野を超えて、益々イノベーション戦略の中核になってきました。それは、データITを駆使したプロダクツのシステム化、そしてサービス化という高度化を意味します。データ価値連鎖視点でのDX (デジタル・トランスフォーメーション)展開です。

下記3つの事業課題に、御社とともに取り組みます。

〇現状プロダクツ(製品・サービス)の競争力、説得性を増す

〇将来に向けたプロダクツ、そして事業全体の持続的な発展力を増す

〇既存事業領域にとらわれない、伸びやかな業態シフト・変貌も図る

 これらは一見、各々が別々の短期的そして中長期的な取り組みにみえますが、IoT発想に沿ったデータ解析・AIも駆使した顧客価値の精緻な積み上げによる製品・サービスの高度化、その意味でのDX展開を実行していけば、同時並行で実現できる、すべきテーマです。 

DXのデータ価値連鎖的な意味 

高度化、ソリューション、プラットフォーム

・データ収集、集積、解析、現場活用の中での自社ポジション強化と補完策検討

・各段階でのデータ処理・解析、AI技術、そのアプリをどう自社に引き付けるか

・具体的に、自社プロダクツ開発、サービス提供の中身にどう反映させるか

・人がより有効に機能する部分はどこで、データITとどう協働するか

・大学、新興企業等の先進シーズ探索、問題意識・開発フェーズの共有策など

事業革新、業態シフト

 事業展開における差別化・スピード化の必要性は高まるばかりです。従来、中長期戦略として位置付けられていた内容が、例えば「事業企画力」「データIT力」そして「自在なオープン展開力」によって、かなりの速度で成し遂げ可能になり、逆に押し寄せても来ます。事業連携やM&Aによって一挙の技術・プロダクツそして市場を獲得し、既存プロダクツ・事業領域の取捨選択、さらには業態シフトも含む検討するために、具体的に何から手を付けるか。

・技術事業化、市場ニーズの両面から、今後、如何なる製品・市場を開拓すべきか

​・社会の意識、市場価値カテゴリーと自社現有プロダクツ・事業との親和性確認

業態を大きく変えるような連携、M&Aの画をどう描き、実行し、持続させるか

・技術的コンセプト的に意味の大きい産学連携にどう踏み切り、成し遂げるか

これらを実行し、実効ならしめる社内体制・土壌作り、連携執行体制作りなど

 

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.