イノベーション・ドライバーズ   

 

 

DXドライバーズ:CVC、M&A投資向けツールとして 2021.11.26          氏家 豊 

 

 世界の好業績リーディング企業におけるM&A投資での特色は、以下の3つです。

1. 現在展開を補強し、最近は確かにDX的展開をグッと促す相手先への投資が主体。

2. 投資した企業の技術・プロダクツは、しっかり実展開プロダクツに反映させる。

3. 大型企業の丸抱え的な買収はやらず、自社展開のイノベーションをけん引する新興企業を丁寧に買う。 

 

 その点、一件当たり投資金額も小さくなるCVC(Corpotrate VC: 自己資金による外部企業投資ファンド)であれば、もう少し自由度のある、試し投資的な内容も散見されますが基本的には同様の傾向で、その本流投資領域では、自社事業展開とのシナリオ性、シナジー性を重視している。「どういう関係で」と思えるような投資事案にほとんど出会いません。以下の2つの視点で、しっかり自社事業の今を起点にしたストーリー性・説得性をもって企業投資し、持続的に好業績(明示的な総収益・売上ベース)を遂げている企業群の投資姿勢・トレンドを述べます。そして、そのような投資を促すためのSBFツール、アプローチについて触れます。

説得性あるプロダクツ展開に向けて

 最近の世界の好業績リーディング企業における企業投資では、典型的には「ソリューション」や「プラットフォーム」展開モデルを実現してくれる企業群への投資が確かに目につきます。好業績企業ほどそのようなプロダクツ属性狙い撃ち的な投資傾向を強め、それがさらに説得性あるプロダクツ展開を促してその後の好業績につながる。そんな好循環が見て取れます。IoT、AIがそこでの説得性を技術、コンセプト両面で支えているのは言うまでもありません。 

 「ソリューション」で言えば、通常のサービス提供モデルとしてのみならず、ハードウェア機器内蔵、IT基盤に付加、そしてソフトウェア型も出てきています。投資対象として考えた場合、それらを的確により分ける作業は欠かせません。”ソリューション”を誤用している、ないしそもそも曖昧に使っている場合もあります。

 そのようなより分け作業は、自社プロダクツや事業との親和性の確認につながる重要な視点です。そのためには、事前に、自社側と相手側との顧客価値視点での立ち位置の確認が不可欠です。通常はこの作業はお互いの“すり合わせ”作用でこなす訳ですが、国内企業同士でも熟練を要する、時間もかかる過程です。ましてや、相手が海外となると相当難易度が上がります。何より、バイサイド側に事前の仮設・想定、期待値形成作業が不可欠です。候補企業ごとのそのような事前作業が迅速にできれば、無駄な初期的会合も減らせ、ひいては有力な候補先選択肢を増やすことにつながります。

 SBFのDX化インデクスは、以上のような意味での狙ったプロダクツ属性を秘めた企業の割出し、さらに、自社のプロダクツ・事業モデルの事前確認作業に使えます。

 

持続的な好業績・高成長体質つくりに向けて

 企業経営にとって、持続的な好業績をもたらすプロダクツライン形成が出来ればそんなに有難いことはありません。出来れば自社向け、少なくとも自業種向けの手がかりを掴めないか。

 世界の好業績、中でもリーディング産業系、医療・ライフサイエンス系、ITシステム系、そしてGAFA系企業群にも、濃淡はありますが、相通じる、DX化、顧客価値連鎖視点での投資先パターンを見て取れます。逆に、その傾向に全く反する企業群は明らかに業績が悪いし、その中間は業績も中間です。

 さらに、持続的な好業績・高成長をもたらすプロダクツライン形成というテーマに関して、固まりとしてのプロダクツ群構成は、

事業戦略、経営者目線では、より気にすべき視点でしょう。その際ベンチマークにしたいのは、例のアンゾフ4象限的な事業プロダクツマッピング(注)です。結論から言えば、いくら先進的なDX型の個々プロダクツを揃えても、その中核部分で成熟化が進んだものの比率が大き過ぎると、業績は大勢横ばい圏から中々出られないという傾向が内外企業を通してあります。

 つまり、「成熟市場を脱する領域でのDX化プロダクツ展開」という結論に達します。兎も角、このもっともな結論、到達すべきテーマから目を離さないで、かつ、常に各論で追求することが要です。そのような展開に導いてくれそうな対象企業を体系的に網掛け収集し、自社に引き付けて絞り込んでいく作業です。

 SBFでそこをサポートするのが、DXドライバーズの第三項目「事業ポジションのDX視点での見直し作業」です。

(注)アンゾフ4象限マッピング: 技術・プロダクツと顧客市場を各々新規・既存に分けて4象限に分けて分析する

​                                                           お問い合わせ

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.