サポート内容

 

 SBF は、1999年に米国西海岸シリコンバレーでスタートしたテーマ特化型事業サポート会社です。特にIoT切り口での製品・事業企画と、その足元・将来への推進を促します。データ解析・AIベースのデジタル・トランスフォーメーション(DX)、それを要にした製品・事業の競争力形成です。

 下記3つの事業課題に、御社とともに取り組みます。

〇現状プロダクツ(製品・サービス)の競争力、説得性を増す

〇将来に向けたプロダクツ、そして事業全体の持続的な発展力を増す

〇既存事業領域にとらわれない、伸びやかな業態シフト・変貌も図る

 これらは一見、各々が別々の短期的そして中長期的な取り組みにみえますが、IoT発想に沿ったデータ解析・AIも駆使した顧客価値の精緻な積み上げによる製品・サービスの高度化、その意味でのDX(デジタルトランスフォーメーション)展開を実行していけば、同時並行で実現できる、すべきテーマです。 

 

 主な対象領域は、ICT基盤領域(データIT・AI、IoTプラットフォーム)と、その応用領域(医療・ライフサイエンス系、産業・社会インフラ系)です。特にこの応用領域は、最近改めて取り上げられているSDGsテーマ群も絡んできます。ポイントは、それら公的視点に立った項目群から、いかに自社事業展開に引き付けるかです。テーマ領域の絞り込み、事業取り組み各論への落し込み、言い換え作業という面も含みましょう。

 SBFの主なICT応用取り組みテーマ領域:

・健康で健やかな生き生き社会 ⇒ 医療、ライフサイエンス

・安全安心な産業社会 ⇒ スマート製造、産業・社会インフラ系エンジニアリング

 具体的には、以下のような切り口で事業リサーチ・コンサルティング対応致します

1. 事業サポート  

市場・顧客ニーズの探索、市場開拓、販売パートナリング策

 世界の社会課題をビジネス機会トレンドとして把握し、それを業種セクター面、世界の地域面での新規市場開拓、対象顧客層の顕在的・潜在的な製品サービスニーズにまで落とし込みます。標準化展開なども含む国際的な事業推進向けの連携索も検討します。

 

製品サービス開発、事業展開の企画

 このビジネス機会につながる具体的な取り組みテーマに対応する、(a)製品サービスの企画、事業モデル検討、(b)必要になる技術・製品開発に向けた基礎的な探索です。いずれも、先入観に捉われない帰納法的なアプローチを基本とします。

 

開発事業推進向けの業務連携・M&A

 (a)技術開発の企画、製品サービス開発・調達に向けたパートナー候補企業の探索(戦略的ポートフォリオ形成)、(b)その相手先との継続的な関係構築のための業務・資本提携、M&A等をサポート推進します。

 

DX的な事業展開に向けた各論検討、業態シフト策

 例えば、(a) 顧客価値としてのデータ価値連鎖に即して、自社ポジションと補強すべき技術・プロダクツの確認、それらに沿った実施です。(b) DX的な展開を加速するための枠組み検討、データIT基盤の本格導入、そして自社主導のエコシステム形成の各論です。

 

 

2. データITソリューションのご提案

   

 以下のテーマ領域については、国内外のベンダー、ベンチャー等の具体的な技術サービスをご提案します。

 

IoTインフラ、データ解析・AI

 IoTセンシング・機器装置からのデータへの意味ある解析を施してより自社事業の現場運用に引き付け、よりよいプロダクツにつなげる。AI (ビッグデータ解析系の機械学習、非構造化データ解析向けの深層学習)も含む汎用データ解析・ソリューション領域です。

製造工程・プラント管理のスマート化 / 健康・疾病モニタリング

 上記データ処理・AI応用の一角として、まず、常時の製造やプラントの現場監視モニタリング、予知的な運用・メンテナンス両面への対応面、さらに同様の考え方で、日常での慢性病、成人病などの早め監視管理、通院・予後時の疾病モニタリングを実現する具体的な技術・サービスです。

 

 

 

 

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.