イノベーション・ドライバーズ   

 

 

3つのDX化インデクス活用レイア     2020.12.4                                                        氏家 豊 

 

 このDX化インデクスは、言い換えれば、プロダクツ開発におけるDX化促進向けデータ価値連鎖型パターン群です。大きく以下の3つのレイアで使えます。それは、よりプロアクティブな開発、つまり顧客からの受託型開発に留まらない、より自社主導での先駆け的開発を包括的、体系的、継続的に推し進め、事業全体の拡張性を高めるためのツールとなります。

個別プロダクツ視点

・自社の特定プロダクツのデータ価値連鎖(以下DVC)視点での位置付け確認。そのための好業績他社での展開とのDVC視点比較分析

⇒DX化促進へ補強すべき、出来そうなプロダクツモデルの確認

⇒そこを補う外部企業の割り出し

(例:産業施設向け特定検査機器のDVC視点からの顧客価値強化を図る)

 

プロダクツポートフォリオ視点

・自社の特定領域でのプロダクツポートフォリオでみた、DVC視点での現状確認。同じくその他社の現状との比較分析

⇒ポートフォリオとして顧客価値を高めるための、外部からの補強すべき、出来そうなプロダクツモデルの確認

⇒そこを補う外部企業の割り出し

(例:産業系各種機器・サービス領域全体のプロダクツラインナップをDVC視点で強化図る)

 

事業ポートフォリオ視点  (「アンゾフ4象限+DVC型」での整理)

・自社の事業構成レベルでの競争力確認。同じくその他社の現状との比較分析

⇒DX視点も加味した事業ポートフォリオ見直しの検討指針作り

⇒新陳代謝を図るための外部からの補強すべき、出来そうな事業ポジション、プロダクツモデルの確認

⇒そこを補う外部企業の割り出し

(例:成熟段階にあるA領域のウェイトを下げていき、成長見込めるB領域へのシフトを図る業態シフト)

​                                                   お問い合わせ

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.