イノベーション・ドライバーズ   

 

 

DXドライバーズ:

事業シナジーシナリオ形成ツール   2022.1.8                                             氏家 豊   

 

 戦略的な事業投資は、投資してからのフォローが大切とよく言われます。それは、担当部門同士が連絡を密にする、定期ミーティングを欠かさないレベルでは長続きはしません。例えば、ハードウェア機器メーカーの場合で言えば、投資元企業から見て、相手先が当方保有の機器や建造物などのネット接続を促してくれるのか、賢くしてくれるのか(データ処理・解析機能を高度化させる)、ソリューションシステムを具備してくれるのか、ソリューションサービスまでつなげてくれるのか、そのソフトウェアによる手離れいい展開まで視野に入れさせてくれるのか、エッジ対応を担ってくれるのか、本格的なAI組み込みへの口火を切ってくれるのか等々。

 

 このような概念整理は、投資元企業がソフトウェア・システム開発、各種製造・設計受託サービスほかの顧客密着型専門サービスほかの場合でも、自在なモデル設定として必要になります。ある意味で、社内的な暗黙知の可視化、共有化を促しすとも言えます。コンサルティング営業視点で言えば、そのような整理概念を、お客様から言われる前にこちらから提起・提示することに意味があります。少し事業分野が違っても、このようなレベルに立ち返って「そもそもどうなんだ」という頭の整理をした上で実連携そして投資に臨めば、後のフォロー、連携事業の深堀はより自然体で進み、所謂「飛び地」「不連続」と思われる領域への展開にも、納得性ある投資指針を与えてくれます。これら全体を通して、競争力形成のある意味で根幹をなすプロアクティブ(先取的)な開発、そしてニーズ先取りコンサルティング営業こそがスマートな事業推進です。DX化インデクスは、以上のような概念整理、事業展開を直接支えます。御社の事業モデル、ポジションに応じて、必要モデル項目部分を動員し、合従連衡、投資面で言えば、データベースも持ちながら、日本国内外の大手中堅企業、新興企業相手の検討をカバーします。

す。

                                                                                                                                                             お問い合わせ

​                                                           

 
© SBF Institute. All Rights Reserved.